なぜAccess専門のインフォースがMaxisを作ったのか

Accessの開発実績No1で、米国のAccess開発チームにもいたインフォースだからこそ、Accessの問題点やユーザーのニーズを知り尽くしています。Accessにはマイクロソフトが解決できない2つの大きな問題点があります。それは「クライアント/サーバーに改良ができない」「Web及びスマホ等のモバイル開発ができない」ということです。しかしそれらは今後マイクロソフトによってAccessに実装されることが無いということがわかり、我々には、それを克服するものを作る社会的な責務があると考えました。そしておよそ10年の歳月をかけて今ここにMaxisを完成させたのです。
インフォースは中小企業情報化を推進させるため、真にお客様が必要なものをご提供する努力を続けてまいります。